BRT 概要

1999年に発足した日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)では、日本と欧州の産業界を代表する企業幹部が年一回一堂に会し、日EU間の貿易、投資、産業協力の促進に関わる産業界からの政策提言を取りまとめ、日EU当局へ提出しています。現在は、日本側議長を三菱電機株式会社、柵山正樹シニアアドバイザー、またEU側議長をラポストグループ、フィリップ・ヴァール会長兼CEOが務めています。

政策提言書は4つのワーキングパーティにより作成されます。

Working Party 1 - Trade Relations, Investment and Regulatory Cooperation, Financial Services; Accounting & Taxation
「貿易・投資・規制協力、会計・税制・金融」

Working Party 2 - Life Sciences and Biotechnologies, Healthcare and Well-being
「ライフサイエンスとバイオテクノロジー、健康・福祉」

Working Party 3 - Digital Innovation & Mobility
「デジタルイノベーションとモビリティ」

Working Party 4 -  Environment and Sustainable Development
「環境と持続可能な発展」

 

BRT紹介動画

video icon メンバー、活動目標、活動方法、EUや日本政府とのつながり、アーカイブ映像などを紹介した約2分間の動画(英語)をご覧いただけます。

BRT introductory video

 

お問い合わせ

BRTの事務局は日欧産業協力センターが務め、BRT の活動を支援しています。
ご質問がございましたら、こちらのお問い合わせフォームより日欧産業協力センターへご連絡ください。